入門者必見!私服勤務するガールズバーでの服選び

ガールズバーで私服勤務できる店のメリット

ガールズバーに私服で勤務できる店の場合はまず、自分で考えて自分を魅力的に見せる事ができる点が挙げられます。

自分が好きな服装で自分の個性を演出する事ができます。ただ、自分で考えた服装で勤務する事に自信がない人は、制服規定があるガールバーなどに勤務してもいいでしょう。

また、私服勤務ができるお店の場合は家で着替えてそのまま出勤できるので、出勤時間にせかされる事が比較的ありません。時間にゆとりを持てる点は利点です。長期勤務を希望する人は特に意識しておきたい点です。

私服勤務が可能なガールズバーで着て行く服はどうする

私服勤務できる店は基本的には自分が好きな服を着て行く事ができます。しかし、特に自分自身の服装に対してこだわりがない場合はどうしたらいいでしょうか。迷う場合には勤務するお店のカラーに合わせるといいです。

お店に来てくれるお客さんが若い人が多いなら、若い男の人にうける服装をします。また、年配のお客さんが多い店なら年配の人にうける服を選ぶといいです。他にも地域を意識した服装もいいでしょう。

例えば銀座なら大人っぽく落ち着ている服装や、六本木なら少し押しの強い派手な服がいいなど、お店がある地域の色に合わせてみるのもいいです。また、勤務するお店がホームページを持っている場合は、どのような服装をしているか参考にしてみてもいいです。

色々考えたみたけど、何を買えばいいのか難しい場合はワンピースが無難です。分からない場合はまずワンピースを購入して後から、違う服も買い足していくのもいいでしょう。また、自信がない時には知り会いについてきてもらって一緒に選んでもらうなどするといいですね。

キャバクラよりガールズバーで働く女性が多いわけ

キャバクラよりガールズバーで働く女性が多いわけとは?

ガールズバーはキャバクラよりハードルが低いために働きたいという女性は多くいます。夜のお仕事はやはり昼間の仕事に比べて給料が高く短期間で高収入を得られることがあり女性に大変人気であります。簡単で手っ取り早くお金を稼ごうとしているのですが、やはりそれなりのリスクもあります。
キャバクラは男性との距離も近いため敬遠されがちなのです。しかしガールズバーはカウンターを隔ててお客さんと接するためお客さんと直接触れ合うという恐れがありません。ですのでガールズバーの求人は女性の人気が大変高いのが現状です。

給料はやはりキャバクラが高い

キャバクラというのはご存知の通り、女性が男性へお酌し接待をするのですが、ソファーなどに座って男性の隣に座るので、時には男性客の体が不用意に膝や太ももに触れたり時には腰に手をまわされたりするような恐れもあるので、そういった直接的なボディータッチを恐れ、女性はガールズバーで働きたい場合は多いと思います。その点からガールズバーはカウンター越しで男性客とは遠いので、ボディータッチの恐れはないのですが、給料はキャバクラよりも下がります。しかし嫌な男性客と触れ合う恐れがないのでガールズバーで働きたい女性は多いのです。

副業も意外と多いガールズバー

働いている女性は副業でしている方も多いです。例えば美容室や保育士なども給料が安いのでガールズバーで副職として働いている女性が多いのです。これはキャバクラに比べて接待の部分が少ないので、細かなケアがあまり必要ないということも理由となっています。キャバクラともなれば固定客を取りたいのと顧客に対して、細やかな接客や時にはアフターであるとか誕生日企画など誕生日を把握してプレゼント企画を考えたりもしないといけません。しかしガールズバーのほとんどがこういった面倒な接客をしていない女性が多いのです。そもそもそこまでの対応をガールズバーに求められていないのもあるでしょうし、店側もそこまで求めていません。中にはガールズバーにも真面目なキャストもいるでしょうが、そう言った人は希少な存在になります。

ガールズバーは自宅までの送迎ありというお店もある

ガールズバーで働く際のお店選びでは、お店がどこまで従業員の女性を気遣ってくれるか?という点も注目すると良いでしょう。
お店ごとにどこまで従業員のことを考えているか?という点は違いがあるのですが、かなり充実したサービスを用意してくれているお店も中にはあるのです。
その1つが送迎のサービスであり、こういったものがあるところはかなり快適な勤務をしやすいお店であると言えます。

送迎サービスがあるところは時給が高い

ガールズバーによっては、仕事が終わるのが夜遅い時間帯ということで、仕事を終えて帰る際に車で送ってくれるところがあります。
通常は自宅まで電車などを利用して帰ることになるのですが、場合によってはこんな豪華なサービスが用意されているのです。

こういったことをしてくれるのは割と高級な雰囲気のお店が多いですけど、そういったところは時給が高い傾向にあり、別の部分でもメリットを感じられるのです。
時給が高いところも魅力ですが、やはり送迎があると仕事をするにあたっての手間の部分で大きなメリットがあるわけで、そちらの魅力は重要と言えます。

電車賃の節約という部分も魅力

家の近所のガールズバーで働いている人以外は、たいてい電車で通勤をしているでしょう。
そうなると、どうしても電車賃というものが毎回かかることになり、しかも往復分必要になります。

毎回の出勤ごとに往復の電車賃を要していると、トータルでかなりの出費になるでしょうから、片道であっても費用が浮くに越したことはないのです。
したがって、自分の足で帰る必要がないというメリットがまずあるものの、それ以外の金銭的な部分における魅力というのも感じることができるガールズバーのサービスと言えます。

ガールズバーはバイトの最強コンボ

男性がガールズバーに行く真の目的

飲み会の二次会だったり、ちょい飲みしながら友達に何か相談してもらう為だったり、男性がガールズバーに行く目的って、カフェに行くようなことと一緒。
「下心抱いて女の子を口説いてやろう」なんて考えていないから安全ですよ!
そんなことを考えていたならば、そうゆう店に行くから安心してください。
ルックスだってモテめていません。愛想が良くて、こちらの話題に合わせて、笑顔で相づちしてくれるだけで、男性陣は満足。だから、ルックスに自信がない女性もチャレンジしてみてください。

自分の都合に合わせて稼ぐにはガールズバーが1番いんじゃね!

ガールズバーに行く客は酷く泥酔している人はいないし、結構ジェントルマンが多い。しかも、時間の融通は利くし、高時給。
似たような仕事で野球場のビールの売り子さんに比べたら、仕事は断然楽だし、時給もいい。
OLさんなんかも仕事帰りに、ちょっとバイトしている人も多いそうです。

ガールズバーは安全・安心・高待遇の最強コンボ。

高収入を期待してアルバイトをしたいなら、ぜひガールズバーを検討してみましょう。

ガールズバーで得られることは多い

時給いいからお金はもちろん、知見が広がります。
お客さんは、学生だったり、社会人だったり、IT経営者のハイスペックな層もちらほら見受けれます。

そんな彼等と会話したり、話を聞いたり、その場の雰囲気に接しているだけで、女子力は上がるはず。

高級スナックはお酒を飲む所ではなく、男を磨く場所。と言われるのと一緒で、ガールズバーでバイトすることは、女子力のアップに必ず繋がります。

女性の皆さん。
ガールズバーでバイトして更にいい女になって、たくさんの男性客を笑顔にしてください!

ガールズバーはほぼ全員が未経験で働き始める

ガールズバーで働く際に自分が未経験だと、そこが気になる人もいるでしょう。
未経験でちゃんと上手く働けるのか?などがどうしても不安に感じるはずですが、基本的にそこは心配いりません。
経験者であることに越したことはないとしても、未経験が特別不利になるということは考えないで良いでしょう。

ガールズバーは基本的に未経験者だらけ

ガールズバーというのはアルバイトのが基本であり、初めてこういう仕事をやるという人が多く集まってきます。
また、20代が中心で、それ以降の年齢になるとガールズバーで働く女性は多くありません。

そうなると、1人の女性が長くガールズバーの仕事をするということがあまりないということになります。
つまり、あるお店で働いていた人が別のお店で経験者として働くというケースが少ないというを意味するので、未経験で始めた人がほとんどと言えるのです。

どのお店も未経験で募集をしている

ガールズバーの場合、未経験を募集していないお店はほぼないと言っても良い状況です。
すでに話したように、経験者がお店を変えて働くということがあまり起きない業界なので、新規で入ってくる女性はほぼ未経験ということになります。

したがって、一緒に働く同僚も未経験で入ってきた人ばかりですし、基本的に未経験の女性が採用されるので、自分がガールズバー未経験であったとしてもそれは不利な材料にはなりません。
未経験ということを気にしている人も多くいるかもしれないですけど、そこは気にする必要が全くない部分ですし、仕事内容はそこまで難しいものはなく、マニュアル通りにやれば慣れるものばかりですから、安心して働き始めることができます。

ガールズバーの面接はたくさん出勤できる人ほど受かりやすい

ガールズバーの面接を受けるときには、どのくらいの頻度で出勤ができるか?という点は間違いなく聞かれるでしょう。
それぞれの都合に合わせて、そういった質問には回答していくことになりますが、できるだけ出勤の頻度は高い方が良いということになります。
週に1回でも働くことはできるものの、採用してもらえる確率はその分下がってしまうので、注意しないといけません。

ガールズバーのアルバイトはたくさん出られる人が有利

これはアルバイト全般に言えることではあるものの、ガールズバーの仕事も共通と言えます。
ガールズバーの場合には、女性自身のポテンシャルの部分が最重要視されそうな雰囲気かもしれないですけど、結局はアルバイトとして雇う以上は出勤の頻度という部分にこだわるのが採用担当者なのです。

したがって、週に1回とかでも募集はしているところが多いですけど、出勤の頻度が低い人は採用を躊躇うケースが出てきてしまうのです。
出勤できる頻度が低い人に関しては、よほどの別の魅力がないと厳しいと言えるでしょう。

週に3回くらいは最低でも出勤したい

ガールズバーの面接を受けるときには、どれくらい出勤できるか?という質問がありますが、基本的には頻度は高い方が絶対に良いです。
ただ、週に6回も7回も出るというのは現実的ではありませんが、3回くらいは出られると答えた方が良いでしょう。

自分は絶対にガールズバーの仕事に受かると、採用されるような特別な自信や適性を感じている人以外は、そういったところで採用担当者にアピールをするという方法がおすすめです。
ガールズバーの仕事も結局はアルバイトなので、アルバイトを雇う側の立場になるとどういう人間が受かりやすいか?というのが見えてくると言えます。

ガールズバーで売れる子の特徴は?

ガールズバーで働いている女性の中にも人気の差というのはあります。
利用客にとって魅力的に思える子とそうじゃない子がいるので、実際に働いている人やこれから働こうとしている人はその点を知っておきましょう。
どうせならばお客さんに楽しんでほしいと思っているでしょうから、そういう女性を目指していくということも考えておくと良いです。

楽しくお酒を飲める子は人気になりやすい

ガールズバーというのはお酒を飲めない、あまり飲まない子でも働くことは可能な場合がほとんどです。
しかし、男性客はたいていお酒を飲むでしょうし、お酒を飲みながら楽しく話をしたいという思いでこういったところに来ているはずです。

そういった部分を考慮すると、お酒を飲まない子よりは飲む子の方が話していて楽しいと感じる可能性があります。
だから、結果的にガールズバーで売れる子というのはお酒を飲む子ということであり、そこはまずポイントということになるのです。

明るい笑顔の絶えない子

これはガールズバーの店員だけには限らないですけど、ガールズバーにおいてもこういう性格の子がウケるのです。
男性のお客さんは女性店員のどういったところに魅力を感じるか?それはやはり可愛さなのです。

それはルックスだけではなく、表情や仕草を含めてあらゆる部分に及びますが、漠然とした表現で「可愛さ」を感じられるところに惹かれます。
特に男性の注目がいくのは顔なので、その表情で満足させられる子は、ガールズバーで売れる子になるのです。
笑顔は女性のチャームポイントになりますから、ガールズバーで働く女性はそこを特に意識していくと、男性客から人気を得ることがしやすいでしょう。

ガールズバーで働く際の服装について!

ガールズバーで働く際の服装

ガールズバーの求人には「服装自由」などと書かれていることが少なくありません。
実は、ガールズバーは私服で働くお店が沢山あるのです。

そこで気になるのが、服装選びです。
服装自由になっているのだから何でもよいと思うかも知れませんが、本当に自由なわけではありません。

服装選びのポイント1:お店のコンセプトを意識する

服装選びで大切なのは、お店のコンセプトを意識することです。
カジュアルなコンセプトのお店だったらパンツやデニムスタイルでも問題ないですが、清楚な雰囲気がコンセプトのお店ならばパンツやデニムスタイルはNGです。

体験入店する前に、そのお店がどのようなコンセプトのお店か事前調査しておきましょう。

服装選びのポイント2:デートを意識した服装

服装自由とされている場合、デートを意識した服装をすると上手くいきます。
恋人に可愛く思われるようにするデート時の服装ですが、ガールズバーで働くときもデート時の服装をすると男性からの“ウケ”が抜群となります。

服装選びのポイント3:ワンピース

服装自由のガールズバーの場合、絶対に外れがない服装があります。
それはワンピースです。

ワンピースは男性ウケ抜群の服装ですし、上下ワンセットになっているから女の子の服装選びも楽になるおすすめな服装です。

そして、体のラインが見えたり、デコルテなどが露出するようなワンピースの場合は下品にならずにセクシーさをアピールできたりもします。

NGな服装

ワンピースが外れがないとしたら、絶対に外れなNGな服装もあります。
それは、ジャージやスエットです。
いくら服装自由だからといっても、ジャージやスエットなどをガールズバーで着用してはいけません。

ガールズバーで働くことは本当に危ないことなのか

ガールズバーは危ないと思われている理由

ガールズバーでのアルバイトと聞くと、残念ながらあまり良い印象を持たれない風潮が世間にはあります。
ガールズバーは危ない職場だと思われているからです。
ガールズバーで働くことに興味があっても、危ない仕事、危険な環境なのではと感じて一歩踏み出せない女性も多いようです。
ガールズバーが危ないと思われてしまった原因は、過去にキャストの女の子にストーカー行為をしたり襲いかかったりした事件があったためと考えられます。
センセーショナルな事件のために人々の記憶に強く残ったのでしょう。

本当に危ないのか

悲劇的な事件が起きたことは事実ですが、それを持ってガールズバーが特別危険な仕事だと断言するのは早計です。
過去の悪質なストーカー事件はガールズバー以外の職業の女性でも起こっています。
接客業で直接お客と顔を合わせる職業は、ガールズバー以外でもストーカーのターゲットになりやすい傾向にあります。
ストーカー事件の被害者がガールズバーに勤めていたという報道が一人歩きし、ガールズバーは危ない、危険という風潮が生まれてしまったようです。
ストーカー被害のリスクがあるのは他の職業、特に接客業係の仕事と特別違いはないと言えるでしょう。
ガールズバーだから危ないというのは誤解です。

被害に合わないために

ガールズバーだけが危ないというわけではないとはいえ、やはりストーカー被害のリスクはゼロではありません。
ストーカー被害に合わないための対策は必要です。
単純にして最も効果的なストーカー対策、それは店外ではお客と一切関係をもたないこと。
簡単に店外で遊び相手となってしまうと、勘違いが生まれてストーカーが誕生するきっかけとなってしまいます。
プライベートと仕事は別物、しっかり線引きをすることでストーカー被害に合わないようにしましょう。

ガールズバーでは口下手の人は厳しいのか?

ガールズバーでは会話をしながら、お客さんをもてなすのが仕事です。
そうなると、会話が得意じゃない人、いわゆる口下手な人は厳しいというイメージを持っている女性もいるでしょう。
ただ、現実的に口下手な女性が働くのが厳しいとまでは言えない可能性もありますから、その点について事前に理解しておくと良いです。

男性から会話を振ってくれることも多々ある

そもそもガールズバーを利用する男性客は女性と会話を楽しみにしている面があります。
つまり、会話を楽しみにしている時点で、さすがに会話が得意ではない人はなかなかガールズバーには来ないでしょう。

そうなると、ガールズバーに来る男性客というのは自身が会話が好きという自覚のある人たちでしょう。
そういった男性客が多いならば、向こうから話を振ってくれる可能性も高いので、あとはそれに返事をするだけでOKという場合もありえます。

こっちから話を振る場合には、男性を褒めると良い

ただ、男性から話を振ってもらうばかりでは申し訳ないという気持ちもあるかもしれないですから、そういったときには男性を褒めることに徹すると良いです。
何でも良いので、特徴や気になった点を褒めると、自然と会話が盛り上がりやすくなります。

口下手な人でも、こういった部分で話題を探していくことならば可能な人が多いのではないか?と言えます。
口下手のレベルにもよるのですが、会話をするのが得意とは言い切れない程度であれば、ガールズバーで働く際に大きな支障となることは考えづらいです。
コミュニケーション能力に関して問題があると判断されれば、面接で落とされるはずなので、採用されたならば心配しなくて良いでしょう。