ガールズバーで働くことは本当に危ないことなのか

ガールズバーは危ないと思われている理由

ガールズバーでのアルバイトと聞くと、残念ながらあまり良い印象を持たれない風潮が世間にはあります。
ガールズバーは危ない職場だと思われているからです。
ガールズバーで働くことに興味があっても、危ない仕事、危険な環境なのではと感じて一歩踏み出せない女性も多いようです。
ガールズバーが危ないと思われてしまった原因は、過去にキャストの女の子にストーカー行為をしたり襲いかかったりした事件があったためと考えられます。
センセーショナルな事件のために人々の記憶に強く残ったのでしょう。

本当に危ないのか

悲劇的な事件が起きたことは事実ですが、それを持ってガールズバーが特別危険な仕事だと断言するのは早計です。
過去の悪質なストーカー事件はガールズバー以外の職業の女性でも起こっています。
接客業で直接お客と顔を合わせる職業は、ガールズバー以外でもストーカーのターゲットになりやすい傾向にあります。
ストーカー事件の被害者がガールズバーに勤めていたという報道が一人歩きし、ガールズバーは危ない、危険という風潮が生まれてしまったようです。
ストーカー被害のリスクがあるのは他の職業、特に接客業係の仕事と特別違いはないと言えるでしょう。
ガールズバーだから危ないというのは誤解です。

被害に合わないために

ガールズバーだけが危ないというわけではないとはいえ、やはりストーカー被害のリスクはゼロではありません。
ストーカー被害に合わないための対策は必要です。
単純にして最も効果的なストーカー対策、それは店外ではお客と一切関係をもたないこと。
簡単に店外で遊び相手となってしまうと、勘違いが生まれてストーカーが誕生するきっかけとなってしまいます。
プライベートと仕事は別物、しっかり線引きをすることでストーカー被害に合わないようにしましょう。