キャバクラよりガールズバーで働く女性が多いわけ

キャバクラよりガールズバーで働く女性が多いわけとは?

ガールズバーはキャバクラよりハードルが低いために働きたいという女性は多くいます。夜のお仕事はやはり昼間の仕事に比べて給料が高く短期間で高収入を得られることがあり女性に大変人気であります。簡単で手っ取り早くお金を稼ごうとしているのですが、やはりそれなりのリスクもあります。
キャバクラは男性との距離も近いため敬遠されがちなのです。しかしガールズバーはカウンターを隔ててお客さんと接するためお客さんと直接触れ合うという恐れがありません。ですのでガールズバーの求人は女性の人気が大変高いのが現状です。

給料はやはりキャバクラが高い

キャバクラというのはご存知の通り、女性が男性へお酌し接待をするのですが、ソファーなどに座って男性の隣に座るので、時には男性客の体が不用意に膝や太ももに触れたり時には腰に手をまわされたりするような恐れもあるので、そういった直接的なボディータッチを恐れ、女性はガールズバーで働きたい場合は多いと思います。その点からガールズバーはカウンター越しで男性客とは遠いので、ボディータッチの恐れはないのですが、給料はキャバクラよりも下がります。しかし嫌な男性客と触れ合う恐れがないのでガールズバーで働きたい女性は多いのです。

副業も意外と多いガールズバー

働いている女性は副業でしている方も多いです。例えば美容室や保育士なども給料が安いのでガールズバーで副職として働いている女性が多いのです。これはキャバクラに比べて接待の部分が少ないので、細かなケアがあまり必要ないということも理由となっています。キャバクラともなれば固定客を取りたいのと顧客に対して、細やかな接客や時にはアフターであるとか誕生日企画など誕生日を把握してプレゼント企画を考えたりもしないといけません。しかしガールズバーのほとんどがこういった面倒な接客をしていない女性が多いのです。そもそもそこまでの対応をガールズバーに求められていないのもあるでしょうし、店側もそこまで求めていません。中にはガールズバーにも真面目なキャストもいるでしょうが、そう言った人は希少な存在になります。