風情を感じる壺屋やちむん通り!那覇の文化を学べ、レンタカーとの相性も良い

壺屋やちむん通りは、老人だけでなく、今では若者が利用することも多くなってきた観光地です。というのも、那覇市内の観光地として紹介されることが多く、道が広いために移動が困難ではないので、初めて那覇を訪れる人にとっても使いやすいからです。

壺屋やちむん通りの魅力

那覇でレンタカーを借りる人の多くは、首里城、国際通り、壺屋やちむん通りを利用します。

その理由ですが、首里城は那覇の歴史そのもの、国際通りは飲食、新しい文化を学べる空間として人気が高いからです。壺屋やちむん通りの場合、古い石畳が残っていたりと、古い歴史をそのまま残している、風情を感じる作りになっているので、前述した観光地とは別の雰囲気を体験できます。

さらに、那覇は壺屋焼でも有名なので、20軒あまりの工房が存在する土地でもあるのです。ちなみに、壺屋は琉球王府の政策で1682年に開窯した窯場でもあります。

壺屋やちむん通りの近くには、博物館も併設されているので移動が困難になることはありません。最大の魅力は、駐車場が多く用意されているため、好きなところから散策を楽しめるところです。

那覇の古き良き文化を残しているだけでなく、壺屋やちむん通りから外れると、話題のソーキソバのお店も見つかりますので、お腹が減ってきた際は、このような施設を利用して那覇を楽しみ尽くすのも良いでしょう。

初心者にこそオススメ

壺屋やちむん通りは、陶芸工房、工房の直営店が多く立ち並んでいます。つまり、どこに何があるのかがわかりやすく、観光パンフレットを頼りに移動しても混乱することがありません。

他の観光地では同じような対応が難しいので注意してください。というのも、道が広いと感じる場所が少ないだけでなく、多くの人が道を使用しているので混雑しやすいからです。

壺屋やちむん通りの場合、施設に対して駐車場が設けられているので、駐車場から少し移動するだけで、那覇の風情を楽しめるよう工夫されています。