那覇の楽しみ方が詰まっている!レンタカーで行ける守礼門の魅力

テレビの影響もあり、近年では、歴史そのものを再発掘する活動、企画などが有名になってきました。そんな新しい試みが存在するのですが、その影響で守礼門といった、那覇の独特な文化についても注目が集まるようになり、那覇を訪問される人が日増しに増えている状況となっています。

歴史を感じさせる守礼門

那覇には様々な魅力が存在し、レンタカーを借りてでも訪れてみたい那覇市内の観光地の中には、首里城、守礼門といった有名なスポットが存在します。

また、通常であれば首里城を観光して、その後は他の施設に移動というケースが多くありました。ですが、近年ではテレビでも守礼門を取り上げることが増えたため、多くの人が守礼門を知るようになったのです。

なぜ、守礼門が有名になったのかというと、他の土地では見られない独特の形状、そして歴史の跡が残っているからです。レンタカーを借りて、那覇を旅行される人の中には、文化史跡の訪問を意識し旅を楽しまれている人もいます。

さらに、守礼門などの門は、約450年以上も前に建築されたという歴史が存在するため、那覇の歴史を再確認できる場所として人気になりました。他にも、戦後沖縄の平和主義を意味するシンボルとしての価値も存在し、今でも、その価値を高めているシンボルでもあるのです。

ただ、首里城の門は戦災で焼失してしまった過去があります。その後、1958年に再建築されたという歴史もあり、近年では、どのように再建築したのかといった、建築技術に関しても興味が集まっています。

ビジュアルの良さも評価されている

守礼門が、今も評価されている理由ですが、それは守礼門のビジュアルにあります。

本土で見られる門とは違い、守礼門の場合、モザイク模様(赤、白のモザイク)が使用されています。このような色合いの門は、本土にも似通ったものが存在するので、それほど珍しく感じることはありません。

しかし、那覇の守礼門は光を浴びると美しく輝くなど、質素なカラーリングからは想像できないビジュアル性を誇るのです。また、中国で見かける門のデザインとも似通っているのですが、守礼門は、屋根の構造が二層となっており、四本の柱によって上部をドッシリと支える構造になっているため、他の門とは違うと差別化されることが多いのです。