レンタカーで行ってみたい!那覇の旧海軍司令部壕

旧海軍司令部壕でもそうですが、那覇には多くの歴史がそのまま残っている観光地も存在します。那覇で生活されている方は、古き良き文化に愛着を持っていますので、近年では、文化史跡として有名な旧海軍司令部壕を見るために、那覇を訪れる人も増えてきました。

旧海軍司令部壕が有名な理由

レンタカーを借りてでも訪れてみたい観光地に、旧海軍司令部壕という観光地が存在します。

こちらは、沖縄戦の爪痕が残っている観光地として有名なのですが、近年では、あえて戦争そのもの、もしくは歴史そのものに触れたいので、旧海軍司令部壕を訪れるという人が増えてきました。これは、怖いもの見たさで訪れているわけではありません。

近年では、世界的に色々な問題で緊張が高まりやすいです。また、国そのものの歴史を再確認される人が増えてきたため、旧海軍司令部壕についても、社会的関心の強さから、訪問が奨励されやすくなっているのです。

一般的な司令部との大きな違いは、土地そのものを司令部に変えているところです。敵に攻め込まれにくくするため、司令部の通り道は迷路のようになっています。

他にも、司令部が機能するための医務室、衣糧庫、発電室も存在しているため、戦時中に何が行われていたのか、具体的な様子を窺い知ることが可能になっているのです。今では失われてしまった過去かもしれませんが、現代にも影響を与えている人たちの活躍が、旧海軍司令部壕には残っているのです。

また、旧海軍司令部壕といっても案内板が出ていますので、迷わずに移動できる配慮はされています。

駐車場スペースは余裕がない

那覇でレンタカーを借りた場合、必ずチェックしたほうが良いことに、駐車場スペースが存在します。

というのも、実際に利用してみると、那覇そのものが全体的に狭いため、本土と比較して移動が困難ということもあるからです。今回、紹介させていただいた旧海軍司令部壕についても、駐車場スペースに余裕がありませんので、時間帯によっては移動が難しくなることもあります。